トップ / 理学療法士になる学校

理学療法士になる学校

理学療法士の学校

先生

理学療法士を目指す学校

理学療法士を目指すためには高校卒業後、大学や専門学校などで免許を取るためのカリキュラムを受けなければなりません。基礎知識を知っておく事ももちろん大切ですが、実際に患者さんに施術をしなければならないため、十分な実習を経験して技術を習得する事が大切です。学校や医療機関での実習は周囲の人が助けてくれますが、実際に理学療法士として働くと自分で判断しなければならない事も出てきますし、これまで経験した事のないケースが多いので、臨機応変に対応できるようになりたいものです。

専門学校は就職に有利になる

専門学校に通学している場合、通学している期間は特定の科目について集中的に講義を受けたり、実技などに関する演習を受けます。就職する際に役立つ内容を学んで行く事によって、勉強した事が将来的に役に立って就職に有利になる傾向です。仕事に役に立つ特定の分野を学んで、実技を踏まえた活動によって専門学校の就職率は10割に近い数字を出している事が現状です。将来的にやりたい仕事を就学の時から見つけて、将来に向けての進路を決められます。

↑PAGE TOP